驚きの感動のノベルティ

ノベルティの歴史について

駅前を歩いていると配られるポケットティシュ、雑誌を購入するとついてくるオマケ、お菓子やペットボトルを購入するとついているオモチャなど、こうした商品のことをノベルティと言います。

いずれも企業の宣伝や商品の売り上げを伸ばす目的があり、実際に効果を上げているものも少なくはありません。

こうしたノベルティは、最近でこそ当たり前になってきている印象が強いですが、実は江戸時代からある日本の慣習なのです。

その当時は「引き札」という形で利用されていました。語源は「お客を引く札」、つまり引き札で集客をあげていたわけです。

引き札とは、いわゆるポスターのことです。

絵が描かれていない部分に店名や商品名を記載するのが一般的で、紙自体が珍しい時代では庶民は引き札を手に入れて家に飾っていたと言われています。

引き札は商品を購入したオマケとしてもらえるのが一般的であり、60万枚ほどを配布したという集計も出ているため、その効果は絶大だったのが分かります。

そして、今はノベルティの種類も様変わりし、異なる分野ごとに需要と供給をより重視するようになりました。

例えば、女性向けにはポーチや脂取り紙、男性にはカラビナや携帯灰皿、主婦にはキッチン用品などライフスタイルに合わせてニーズを図り、様々な商品の提供をしています。

そのため、企業はどのような層が商品やサービスを利用するのか、そして何を必要としているのかを見極めることが求められています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *