驚きの感動のノベルティ

ノベルティを利用してクレーム回避もできる

ノベルティグッズの使い方はいろいろありますが、中小企業がこれをうまく活用して企業イメージを大幅にアップさせている事例は多くあります。

例えば、公共工事を請け負う設備や施工会社などは良い例です。

日中や夜間の工事には騒音問題が重なり、時間を短縮して作業を行うことで工事日程が延びてしまう恐れがあります。

また、天候や状況に応じて工事が遅れてしまうこともあり、その際のクレームも考慮しなければなりません。

工事の請負会社は、工事の騒音の影響が出ると思われる地域に挨拶に行きますが、その際に声がけだけでなく、自社の作成したノベルティを持参することで工事へのクレームを大幅に減少することができるのです。

持参する物は消費雑貨で、安価でも重宝するものでよいのです。

例えばラップフィルムとアルミホイルのセット、厚手のジッパー付ビニールや無添加のハンドソープなど、どこの家庭でも必ず一つは置いてあるものです。

ノベルティだからといって企業名を商品に入れなくてもよいわけで、熨斗タイプの包装紙に企業名を入れておけばそれだけで立派なノベルティです。

付近の集合世帯の状況を見てグッズの種類を使い分ければよいのですから、ファミリー層や単身向けで作っておくと大変便利です。

日本人は昔から、一言声をかけておく習慣があり、それを利用してうまく他人と付き合ってきました。

ノベルティというグッズを使ってコミュニケーションをとるだけでなく、クレームを回避することにも役立てているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *