驚きの感動のノベルティ

フードプリンターで作る食べるノベルティ

ノベルティといわれると、夏はうちわ、冬はカレンダーをイメージする人が多いかもしれません。

現在の販促市場は拡大の一途をたどっており、その大きな理由のひとつに印刷技術の飛躍的な発展があります。

これまでは、物に印刷をするとなると、デザインをし、カラーコピーなどで読み取り、印刷機にかけるといった工程を経て作成されます。

また、これらを請け負うのは印刷所で、発注者は印刷所に持ち込むなど手間がかかりました。

しかし、現在は手描きや子供の落書きであってもそのままデータを読み込めますから、デザインアプリが操作できなくても気軽に描くことができます。

印刷所も専門的な工程は必要なく、お菓子など食べられるものに印刷をしたい場合などにはフードプリンターといわれるものでもプリントすることができます。

例えば、どら焼きやマカロンなどにもフードプリンターなら絵や文字を書くことができますし、食べられるインクで仕上げますから市販のお菓子と同じ感覚で作ることができます。

送別会のご挨拶代わりや、ノベルティとしても大変インパクトがある仕上がりになりますので販促品としての価値が上がります。

フードプリンターは市販で購入できるようになっており、最近では10万円台で販売されています。

ノベルティは捨てられやすいと避けていた人も、お菓子など食べられるものをノベルティとすることで抜群の効果をあげられますから、やってみる価値はあるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *