驚きの感動のノベルティ

上手なノベルティとは

ノベルティは当然広告です。

ですから手に取ってもらい、本人に気に入ってもらって使っていただく、ということが必要です。ならば上手なノベルティという話になればそれは手に取ってもらうことができ、気に入って使ってもらえるものです。ですがそれは理想であり、費用との兼ね合いというものもあるでしょう。そこをうまくやるのが企業として大切です。ノベルティは配布していることもあります。

無料で配ることで使ってもらえるかはともかく簡単にそして気軽に受け取ってもらいやすく、それでいてご本人には頭に残ってもらえるようにとの費用も安価で手広く、しかし浅めという判断です。その中でも量的にも質的にもポケットティッシュは最たるものといえますがどの程度使うかは難しいものがあります。ノベルティの配付においてはアルバイトのやる気という点ではどうしても現場の空気であったり手が出せない部分があります。

しかし差し出されたときに受け取る反応は予想できます。それを欲しがっている人ならば多くの場合は受け取ってくれますし、それがかさばらないものならば手に取り、後で自分で判断したりもします。その場合は悲しいことですが捨てるにしても本人の記憶にわずかでも残ることができるでしょう。そして最もよいのが欲しがっていない人に興味を持たせるというものです。これが一番難しく、手渡された時点で不快にすら思う人をなんとかするにはよほどのセンスが必要といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *