驚きの感動のノベルティ

限定ノベルティ商品について

ノベルティ商品というと、メインの商品についてくる「おまけ」であったり、新規開店の店舗で先着順に配布される景品、粗品であったりというイメージが大きいと思います。

確かに、銀行や郵便局で配っているボールペンやティッシュなどのノベルティは誰がもらっても邪魔にならない、当たり障りのない商品です。でも、今は一般に販売されている商品より価値が出るノベルティも多く、販売していないもの、他では手に入らないもの、という限定感が顧客の心をつかんでいるようです。

なんでもネットで手に入る時代、ノベルティにもこだわりが必要になってきています。しかし、コンビニなどの店舗では買い物にあまり時間をかけることが少なく、商品購入が即決の場合が多いので、ノベルティを商品に付ける事だけでも商品の売り上げが伸びるという企業の戦略もあります。

何かしらがついていればお得感で手が伸びるというわけです。しかし、さらなる販売効果を上げるためには、販促品に付加価値をつける事が重要になります。販促品のみの生産で販売しない事で、限定感が付加され、顧客の購買威力をあげる方法では特に魅力のある商品企画が必要となりますが、メーカーのフアン層やキャラクターのフアン層をターゲットにした販促商品の企画は効果が出やすい方法のようです。

特に、シリーズ化して季節ごとに規格をうつとその効果も上がるようです。この場合は実用性のない商品でもコレクション意識に訴えることが出来るので、企画の幅が広がります。販促品そのもののフアンをつかむことで、商品のリピート購入を促すため、消費者にとっても企業にとってもウインウインな効果がある方法だと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *