驚きの感動のノベルティ

ノベルティの生産計画

創業何周年や自社サービスの広告宣伝・販売促進などを目的にノベルティを配布する際、お披露目のためのパーティや式典を計画することがあります。

ノベルティは、まったくのオリジナルから制作する場合のほか、既製品に自社の名前や電話番号・ホームページアドレスなどをプリントする場合もあります。何れの場合も、販売用の商品のように何度も生産することはなく、小ロットで一回限りの制作になります。そこで、制作後に間違いが見つかった例として実際に合ったものが、東京都○○区○○町の企業が配布したノベルティで、東京都○○町とプリントし、区が抜けてしまっているせいで自社の紹介としても不十分だし、お金をかけて自社の不注意を広告することになってしまいました。

販売用の商品と異なり、お客さんからお金を受け取るものでないと思わず油断してしまいますが、たとえ対価は無償でも広告宣伝や販売促進という目的がある以上、かかった支出は無駄にしてはいけません。ノベルティを制作する際は、全量生産に入る前にサンプルを作って実物を確認してから残る全量を制作すると安心です。

また、配布日程がパーティや式典で決まっている場合など、完成までのスケジュールと必要な数のマネジメントも大切です。配布を完了した後に、あの人には渡したのにこの人に渡さないと失礼になるなど、ビジネス上の人間関係で追加が必要になることもあるため、必要な数量に3%から5%程度の余裕をもって作ると安全です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *